東風吹かば
暦の上では春がきたのに、相変わらず寒い京都。

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」
東風といえばパンを思い出す西風ですが
この歌を思い出す方も多いのでは。
菅原公をおまつりする北野天満宮では
今の時期、梅苑が公開されています。
入園料が必要ですが、中ではお茶もいただけるんですよ。
でもって、2月25日は梅花祭!
野点が行われて華やかです♪

ちなみに、初夏にはこの梅が収穫され
梅干しにされるんです。
これが、京都のお正月にはかかせない大福梅。
12月半ばから授与されるんです(早いはなしが販売)
でもこれが京都ならではの風習とは知りませんでした。
カラカラの大福梅をお茶にいれ、大福茶としていただきます
正月の朝、「大福茶、お祝いやす」といって飲むのです。

正月が終わったのに
正月の話をしているなんて、節分で逃げて行った鬼も大笑いかな

奈良でお水とりが終わったら
京都にも春がくるのだけれど、もう少し先
いまだ湯たんぽが手放せない西風です
[PR]
by kochi-pan | 2010-02-17 14:51 | 西風通信
<< イベントのお知らせ 鳥取のパンまつり 冬太り >>