夢のパン列車、走りました
1月30日(日)叡山電車にて、
ぱんとたまねぎ「パン ほん ひと+地図」の発酵記念イベントとして、
夢のパン列車が走りました。

大寒波が来るかも…とヒヤヒヤしていたお天気は、
お日さまも顔をだし一安心。

私は八瀬駅でパンの販売係なので、
山ほどの東風パンを叡電に乗せて到着。
すでに、ガケ書房さんやチャイの販売のちせさんや
コーヒーの販売のなやさん、ミルク王子、
雑貨販売の恵文社の永井さん、hellbent labさんもスタンバイ中。

一人遅れてバタバタと準備を始めていたら、
スタッフの真水さんやみなさんが手伝ってくださり本当に助かりました!
この場を借りて深くお礼申し上げます。
おかげでギリギリセーフで1便目到着~。

乗車されているお客さんのキラキラな笑顔がまぶしかったです。

到着後は、このイベントのみの列車限定パン
[ちせ、パン ド ラディ、マルホベーカリータカラダ、テクノパン、ユーゲ、東風]と
パンオタクのpantikiさんオススメ名古屋パン
[モンタナベーカリー、パントリコ]を食べたり、
温かい飲み物を飲んだり、
パントマイムを楽しんだりと自由な時間を過ごされていました。

東風の限定パンは列車の車輪をイメージしてわっかぱん。
ライ麦とくるみの生地の中にクランベリィ、いちじく、くり、りんごを入れました。
中に入れたものは四季のくだものがしりとりになってます。
(しかし、実はクランベリーは秋が収穫時期…苦笑。大目にみてもらいましょう)
列車の旅で経験する季節感や出会い、
ドキドキ感などをパン列車で一緒になったひとたちと
パンを分け合いながら感じていただければ嬉しいと思い作りました。

他のパン屋さんもそれぞれ想いを込めて作られてました。

話を戻して。。。
販売用のパンは2便とも売れ行き良好!
皆さま、お買い上げいただきありがとうございました。
色んなパン屋さんのパンを販売するのはかなり緊張し、
不慣れな説明を温かく見守って下さり感謝しております。

本当に夢のパン列車。
ありそうで、ない。
実現しそうで、してなかったパン列車。

5年ほど前、東風がきっかけで
フリーペーパーを作り始めた はやしまいさん(ぱんとたまねぎ)が
こんなにも壮大なイベントを実現させたことに感激、感無量。

彼女の抜群のセンスとアイデア、飄々とやってのける行動力と
常に持ち続けている謙虚な心の持ち主だからこそ
達成できたことだと感じています。

九州に戻ってしまうのは、とても淋しいけれど、
今度、東風で何かしようねと約束しているので、
また皆様にご報告出来る日を楽しみにしていてください。

追伸
当日、気は張っていたものの、実は体調不良だったので、
夢だったのかな!? パン列車。。。とふと感じる東風でした(笑)。
[PR]
by kochi-pan | 2011-02-04 23:16 | 東風店主のつぶやき
<< 臨時休業のお知らせ 2月のイベントのお誘い >>