カテゴリ:西風通信( 24 )
カゴやザルやら
10日は完売時間が早まって、嬉しい悲鳴の東風。
でも、本当は夕方までパンを売り続け
訪ねてくださった皆さんに、パンを持ち帰ってもらうのが
東風も西風も願っているのですが・・・
今の状態では、これが精一杯なのです、ごめんなさい。

そんな東風のパンは、籠が似合います。
決して、バスケットではなく、日本人が作ったかごって感じのもの(笑)
西風もかごやざるが昔から大好き。
和洋問わず好きですが、特に日本のものに心ひかれます。
最近ではブームらしく、かごもたくさん売られているし
カゴバックという名のカテゴリーで、外出にも活躍している様子。
ブームでファンが増えるのはいいことですが
単なるブームで終わらず
本当に好きなものを長年使い続けて欲しいと思います。
使い続ける人がいれば、職人さんの技術も継承されますからね。
我が家にあるかごやざるの多くは、古道具です。
すっかりあめ色になり、かつてどこかの家で活躍していたこたち。
ちょっと小ぶりのこの子は、先週我が家にやってきました。
「何に使おうかな」と妄想しながら
しばらく眺めて飾る時間が、とても好きな西風でした。
f0207696_119577.jpg

[PR]
by kochi-pan | 2009-05-12 14:07 | 西風通信
ゴールデンウィーク真っ只中
ついに始まりました、ゴールデンウィーク!
テレビではながーい渋滞がうつっていて、くらくらしてしまいます。
きっと遠くから京都を目指してこられる方たちも多いのでしょうね。
「ゴールデンウィーク中に東風は営業しますか」というお問い合わせもありましたが
どうしても仕込が間に合いそうにないので
今回は休みが終わってからの営業となってしまいそうです。
楽しみにされている方たち、ごめんなさい。

西風は休みの最中に街を歩くのを避けようと思いつつ
知り合いのカフェオープンやイベントがあり
思い切って街へ出ました!(かなり決死の覚悟で)
でも思っていたほどではないかも?
・・・とのんきに構えていたら
昼過ぎからやはり人が増えた気がします。
遠方からやってこられる人たちは、四条から御池の間を散策されますが
西風的には、四条より南側が落ち着けてお勧めです。
最近カフェやレストランも増えていて、人気店もあるんですよ。
烏丸通より西側もお店が増えているんです。
ぽつんぽつんと点在していて、分かりにくい店も多いですが
良い店を見つけると楽しくなります。
のんびり、ちょっと中心地から外れた小路を散策しながら
意外な店を探すのが好きな西風です。
[PR]
by kochi-pan | 2009-05-03 18:13 | 西風通信
ありがとうございました。
日曜日は東風のオープン日。
天気にも恵まれて、久々ににぎやかか!
ありがとうございました。

少しはこのブログ皆さんに知ってもらえたようで
アクセスしてくださる数が増えています。
次回のオープン日も出来るだけ早くお知らせするように
頑張りますのでよろしくお願いします。

明日は東寺の弘法さんですね。
毎月21日にたつ市です。
西風は東寺で遊んで育ちました♪
だから弘法市はおなじみのイベント。
でも昔は、今ほど観光客が多くはなく
もっと生活必需品が並んでいて、市場って感じ。
肌着や調味料など、御用達の出店で買うのが定番でした。
「おばちゃん、いつもの七味ちょうだい」とひょうたん型の入れ物を持参し
我が家用ブレンドを入れてもらうのです。
お馴染みさんとして仲良くなると
いろいろなリクエストにも応じてくれたり
オマケもしてもらえたり、と楽しいことも♪
明日のお天気はどうだろう?
市の日は、特に天気が気になる西風でした。
[PR]
by kochi-pan | 2009-04-20 10:46 | 西風通信
はじめまして。西風です
ブログ管理を担当している西風です。
一人でパン焼きに忙しい東風さんのお手伝いをしています。
といっても、パンは焼けません(笑)

東風のファンだった私も、ここしばらく東風パンを食べていません
恵文社の帰りに立ち寄っても、ドアは閉じたまま。
「体を壊されたのかしら」と心配していたけれど
彼女は元気ですので、皆さんご心配なく♪
でも、しばらくの間は、この週1オープンのペースになりそうというので
このブログを即席で開設することになりました。
西風が忙しい東風さんにかわって
京都のことや、パンのことをこのコーナーでお伝えするつもりです。

京都はすっかり春
街中の桜が咲き乱れ、もう葉桜になったものもありますが
今年は長く桜が楽しめました。
高速料金1000円のため、来月のGWの人出はさぞかし凄いのだろうなあ。

というわけで、東風のある一乗寺界隈の私の勝手なお勧め店を紹介します
このへんも昔に比べると随分お店が増えたので楽しいです

まず最初は、ベルベーヌというフレンチレストラン
ここのシェフは、京都フレンチの名店・ベルクールを経て
フランスで修行した経歴の持ち主
特別な食材で作る、見たこともない料理っていうのも面白いですが
親しみのある食材で作る、とっておきの味でもてなしてくれます。
それは、かつて私がベルクールで感激したポリシーを感じさせるもの。
だからといって、ありきたりの料理ってわけじゃありません!
軽やかで、若々しさも感じます
そして、値段も手頃というのがうれしいです♪
ランチなら3000円ほどで楽しめます
京都には、こうした手頃でもレベルが高いフレンチが多いんです
地元の美味しい野菜を使った料理も多いですし
これからの季節はますます、レストランへいく楽しみが増えます
だから体重も増えるんですよねえ・・・
それだけが、唯一悲しい西風でした
[PR]
by kochi-pan | 2008-04-16 11:09 | 西風通信